明日への旅!

ゲームプレイとかぷよぷよとか…

長文書くには微妙だけど書き留めておきたいネタ

①夢で、

アレキサンドロスのドラムを担当していて、ドラムを叩いた夢

最初は感覚でできていたんだけどなぜか失敗して、ボーカルにしょうがないよって慰められたって夢を見たんだ…ドラムを本当に叩いているような感覚で、楽しかった。

 

 

 

②ファンタジーな夢を見た。

なんかセフィロス似の悪者みたいな奴にらあら(プリパラ)が捕まえられてて、助けなきゃ!ってセフィロスを攻撃しようとしたけどなんか殺すの怖くて皿で申し訳程度殴ったら怒られて氷魔法使われたんだけど、「コレ死ぬやん」と思って攻撃受けて死んだふりしたら「下手な演技しやがって…」ってセフィロスに言われてはなぜか蜂蜜を体内に流されるところで目覚めたっていう夢を見た。

 

③わたしの青春ってなんだ?と思って思い返してみたら、小学校のときレクリエーションで先生が「隣の人と背中を合わせて下さい。意思疎通できるかもしれません」って言って隣のわりとイケイケインテリ男子と背中を合わせた、それがわたしの青春のピークだったんだと思った。

 

 

④髪の毛を切った。

成功したので、とても満足て嬉しい!

 

 

 

 

 

 

湯浅千晶の怪文書

結構前に、無料じゃない方の「上司と秘密の2LDK」という乙女ゲーアプリをインストールした。

 

いろんなキャラがいた。

最初は黒髪の桐島君のストーリーを見ようと思ったけど、彼の無料のプロローグを読んでみたら、ただのネコ好きなボンヤリさんだけど優しい男だったのでやめた。私は刺激を求めているのだ...

 

他には、大河内湊という先輩と、優男とオールバックとピンク髭と緑色の頭髪の人とかたくさんいたけど、その中で唯一の後輩の湯浅千晶と付き合うことにした。私は敬語によわいのだ。

 

思ったんだけど、彼は後輩…

このゲームのタイトルは「上司と秘密の2LDK」なのだ。上司じゃないじゃん!!!いや、まて。彼にとっては私が上司なのか。だからこのタイトルは彼目線なのか。可愛いじゃないか。

 

トーリーはよくある親の再婚で義きょうだいになって取り違えで一緒に住むことになった。

千晶は小悪魔というかずいぶん積極的にいろいろ仕掛けてきたけどイマイチ私のことを信用してない感じだけど一緒に住んで行くうちに信用されてきて、うーんこじらせたツンデレというか…ずいぶん前にプレイしたので忘れたけど、その後なんだかんだあって好きでーす!!ってなった気がするんだよ…

彼はすぐ、怒ったり不機嫌になったりした。

かすかに、夜中二人で本をよんでたシーンは素敵やんけ…と思った。気がする。

 

本題で、彼は字がヘッタクソなのだ。

完璧な彼にも欠点はあるんだね、人間だもの…

 

しかし実際どんな字なんだ?どんくらい字がヘタクソなんだ?見れないかーさすがに…

と思ったら、一部を読み終わった後彼からプレゼントをもらったのだ。↓

f:id:uniconi:20170330225741j:image

 

千晶!!!!!ヘッタクソだなお前!!!!!

小学生だって、解読できるくらいの字は書くぞ!!!これだから、「オオカミにならない努力はします」とか言っちゃう奴は…オオカミって、なんだよ、ああ!?

 

ちょっと自分なりに解読してみたら、

 

あさごはん(?)

お手伝いしてくれて

とても嬉しかったです

気付けば僕は(?)

アイス(アナタ?)好きになっちゃいました

??????後輩でも???

(解読不可能)

(解読不可能)

 

                                千晶

 

 

ちょっと千晶キュンあんたさあー最後の「千晶」って、テキトーすぎるだろうが!!!!!!!仁?仁って誰だよ…千晶だよなぁ…

 

アイス好きになっちゃいましたって、どーでもいいよ!!!!!って思ったらたぶんカタカナでアナタって書いてるのかな?文脈的にそうだよなぁ…

 

 

でも、可愛いよ。これみたとき、すっごく心がポカポカしたんだ。だからあんまりこういう、ゲームの画面って保存しないけど、保存しちゃった。なんだろう…幼稚園児に手紙もらったみたいな…気持ち…

 

千晶キュンはほんとはいい子なんだよね。

私も好きだよ、千晶。だから画面から出てきて私とも2LDKに住もうや。待ってるよ、千晶…

 

 

 

 

 

 

ネットしてて色んな人に出会ったり面白かったこと

アメーバピグで、いじめられた話

いや、正確に言うと、「アメーバピグで(自ら)いじめられ(役を所望し)た話」なんですけどね…

それで調子に乗って、「もっといじめて!!!!!!」と発言したらおそらく、小学生であろうキッズにドン引きされた思い出…。

ちなみに類似した話としては、「アメーバピグの家族ごっこでペット役として女子小学生に世話された話」もあります。

 

 

 

アメーバピグで私がもっと仲良くしたくて少し粘着していたピグ友に「お知らせなんだけど、ポケモンするから、暫くログインできないかも…。でも、終わったらすぐ戻ってくるからね☆まっててね~!!」的なメッセージ付きギフトを送り、感涙モノの別れの演出をしたにもかかわらず、二日後知らん顔してログインした話

 

そのまんまです…

 

 

 

○自分の描いた絵を知恵袋に投稿して評価してもらおうか血迷った話

結局投稿しなかったけど。当時は自分の絵補正ですごくうまく思えてたんだよ…

 

 

アメーバピグのブサイクコンテストで優勝した話

単純に嬉しかった。

 

 

アメーバピグで家族ごっこで仲良くなった男性と主婦のピグの家に乗り込んでかくれんぼした話

あの人元気かなぁ…

 

 

○昔経営していたブログに自作自演でコメントした話

たぶん「めっちゃ面白いですね(●^o^●)ウケピーワラ」的な内容に「え~~楽しんでもらえたならヨカッタデスッ(^_^)v」と返信した気がする。

 

 

アメーバピグで「ステージで踊りながら友達つくろっ☆」というイベントを開いたけど怖くなってすぐに終了した思い出

ビビリなんや…

 

○ネットで仲良くなった人に勝手にアバターの絵をかいて(めちゃくちゃヘッタクソ)送ったけど何も反応がなかった話

マジで困らせたね、ごめんね…

 

 

アメーバピグでお嬢様と友達になったけどそのお嬢様は数日たったらすぐいなくなった話

これ割とマジなやつで、そのお嬢様にいろいろピグのこと教えてあげたら友達になって、教えてくれたお礼にって、割と1000円近くする指輪を贈ってくれたんすよ(ピグ内で)…。そのお嬢様は入院しているらしく、そのお嬢様のお兄様が暇つぶしにってピグをすすめたらしく、課金しているお金もお兄様もちなんだって。すっごくお部屋も綺麗で凝っていて、可愛いお部屋だった。

でも、数日したらログインしなくなっちゃったんだよね。お嬢様なのはウソだったかもしれないけど、だとしたら現実世界のお金で1000円近くする指輪をヒョイヒョイプレゼントするか!?

 

アメーバピグで一人で二体のアカウントを操作して一人で会話してたこと

ノーコメントで

 

アメーバピグで友達に乙女ゲーみたいなセリフをずっと言ってたらケンカした話

 

なんか、トークっていうピグ内のLINEみたいな機能あって、そこで、「夏男が手を握ってきた。あなたはどうする?(はたき返す・握り返す)」みたいなの送ってたら、「やめて」って言われた。

今思えばしょーもなさすぎて笑えるし、なんでこんなことしようと思ったのか理解に苦しむわ…

 

 

 

アメーバピグでピグアイドルになったけど、一回も活動せずに自然消滅した話

こう思うと、最大手ピグアイドルのピンキーガールズとかMYOとか「な~にがピグアイドル(笑)だよっ!(お前が言うか)」と思ってたけどすごい苦労とか努力があったんだろうな…。

 

とび森オンライン島で、場の空気を盛り上げようとほかの人たちを網で殴って追いかけたところみんなに責められて一人残された話

 

正直「まてまてーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」「やったなぁーーー!?(*≧∀≦*)」みたいな雰囲気になると思ったら、「なにコイツw」「あやまって」って言われて、「もういいです」って言った思い出…。

 

 

 ◯ピグのクリスマスフォトコンテストで、なんか応募したんだけど相手がいないから一人二役でラブラブフォトを撮った話

 

その記事が他のブログにあったので見返して見たら、なんと…(笑)

f:id:uniconi:20170408162420j:image

うわ(苦笑)

くっさ… い、いらない…ってどもってるとこも気持ち悪いし、なによりこれを一人二役してるって思うと自分がすごく恐ろしく思えるし、なんて面白い奴なんだって笑えてくる。

 

さらに、一人二役するからには急いで二人分のセリフをうちこまないといけない。

なんで、何が悲しくて、必死の形相で、いちゃいちゃ(一人二役)を演じなきゃいけないんだろう。

人気のないエリアで、何回も何回もタイミングが合うまでカチャカチャタイピングする その姿、悲しすぎる。

なによりこの、「プレゼントは私❤︎」ってセリフを考えたのはすごいメンタルだと思った。

で、今面白くなって昔のブログあさってたら、どうやらこの写真続きがあったようで、↓

 

 

f:id:uniconi:20170408164200j:image

 

更にもっとサムイことになってるし、いまほんと笑いすぎてお腹痛い

 

ひとパターンに飽き足らず、2パターンも考えるほど、わたしは恋愛に飢えているのだろうか…

 

 

 

 

 

 

今回はここまでです。

いや~~…痛い行動しかしてないだなぁ…。